首ニキビ薬

首ニキビ薬〜ダラシンTゲル、ミノマイシン、アクアチム、ディフェリンゲル、ベピオゲル

<首ニキビ薬・概要>
首ニキビ薬についてまとめています。

 

首ニキビを考える前にニキビ自体を理解する必要があります。
大人ニキビと思春期ニキビの違いを知ることは大切です。

 

ニキビは、青春のシンボルとも表現される様に10代に集中して発症するのが特徴です。

 

これは、この時期に分泌量が急増する成長ホルモンのテストステロンが皮脂腺を活性化することにより、毛穴に生息しているアクネ菌の餌が大量に生産されることが最大の原因です。

 

この増殖したアクネ菌が、脂肪分解酵素のlipaseを分泌することにより、皮脂を遊離脂肪酸にしてコメドとなります。

 

 

ただし、ニキビは成長期だけにできるというわけではありません。

 

ストレスや栄養不良、飲酒や喫煙などによりホルモンのバランスが崩れてしまうと、再び皮脂の分泌量が増加するので、成長期同様にアクネ菌が増殖することになります。このようなニキビのことは大人ニキビと呼ばれており、跡が残りやすいということが特徴です。

 

これは、成長期と比べると肌のターンオーバー機能が低下していることが原因となっています。

 

 

なお、ニキビは皮脂腺の集中している場所に出来やすいのが特徴で、いわゆるTゾーンと呼ばれている部分に多く見られています。
また、顔以外にも首や背中などにできるケースも少なくはありません。

 

これらは、目に見えないということから知らない間に悪化してしまい、跡が残りやすいということが厄介な問題です。
このために、出来るだけ早い段階で対処しなくてはなりません。

 

この内で首に出来たものを対象としている首ニキビ薬は、

  • ダラシンTゲル
  • ミノマイシン
  • アクアチム
  • ディフェリンゲル
  • ベピオゲル
など様々な種類が提供されています。

 

それぞれに特徴は異なっているので、状況に合わせた選択が可能です。

 

的確な首ニキビ薬を使用することにより、予防と改善に効果を発揮します。

 

ですが、薬である以上、副作用が必ずあるので
しっかりとした使い方をする必要があります。

主な首ニキビ処方治療薬

ダラシンTゲル

まず、ダラシンTゲルの首ニキビ薬としての効果と副作用とは、ニキビの原因菌であるアクネ菌に対する殺菌作用と、その反作用としての皮膚への刺激感です。基本的には抗生物質で、リン酸クリンダマイシンという物質を主成分としています。

 

ミノマイシン

次に、ミノマイシンの首ニキビ薬としての効果と副作用とは、細菌に必要な蛋白質が出来るのを抑制し、病原微生物の増殖を阻害する一方で、稀にアレルギーが発生するという内容です。

 

アクアチム

そして、アクアチムの首ニキビ薬としての効果と副作用とは、この治療薬もアクネ菌に対しての殺菌作用があり、かゆみや乾燥などの皮膚への副作用が生じる可能性があります。

 

ディフェリンゲル

次に、ディフェリンゲルの首ニキビ薬としての効果と副作用は、効果は毛穴を広げるというものであり、副作用は乾燥やかゆみです。

 

ベピオゲル

最後に、ベピオゲルの首ニキビ薬としての効果と副作用とは、効果はヒーリング効果と殺菌作用で、副作用はかゆみや乾燥です。このように、首ニキビ薬は、アプローチの方法は多様ですが、皮膚に負担がかかるので、副作用の内容は類似しています。

 

ブルフェン

ブルフェン効果と副作用は、解熱・鎮痛効果、炎症を抑える効果と、
発疹などのアレルギー症状、貧血などの副作用が起こることもあります。

 

ブルフェンは、胃腸障害などの副作用を防止するために、食後に服用します。

メサルモンF

皮脂分泌抑制剤のメサルモンFです。
これは、ホルモンのバランスを良くし、更年期障害を改善する薬です。

 

メサルモンFは、女性ホルモンのほか、男性ホルモンや甲状腺ホルモンが配合されています。
これらを捕球することによって、各種の症状を改善するのです。

 

ただ、メサルモンFを服用すると、まれに吐き気や下痢、生理不順などが見られることがあります。
メサルモンFの効果と副作用とは以上のようなものです。

ルリッド錠

ルリッド錠も重宝されています。

 

ルリッド錠はマクライド系の抗生物質で、解熱剤や鎮痛剤として医療機関で処方されています。

 

ルリッド錠の効果と副作用は、成分の持つ静菌作用によってニキビが発症することを防止し、炎症を治療する効果と、
軽い胃痛や下痢、蕁麻疹などの副作用が生じるという副作用があります。

 

上記のような
首ニキビ薬の使用により、速やかな治療が望まれます。

 

 

ニキビを気にしている人は少なくありません。
特に、顎や首まわり、首の後ろにできる首ニキビというのは、たちがわるいものです。
治りにくい首ニキビを解消するためには、薬を使ってみるのは極めて有効な手法であると言えましょう。
ニキビの薬には、市販薬や処方薬、漢方薬など、各種あります。
しっかりとした知識の元、乱用しないよう慎重に使っていきたいものです。

首ニキビの痒み薬に含まれるステロイドの効果と副作用とは

ニキビは思春期や青年期に発症するだけではなく、大人になってからも発症します。
頬や額のみならず、顎や首に発症する場合も多く、首にできたニキビは隣の位置である顎に広がる可能性もあります。

 

首ニキビは強い痒みを出すこともあるため、首ニキビの痒みには痒み止めの薬を併用しつつ、治療を行います。
皮膚科の治療には一般的にステロイドなどが使用されており、ステロイドの効果とは炎症を治めることや、血管の拡張を抑制し、腫れを抑えるといった作用があります。アトピー性皮膚炎や虫刺され、皮膚のちょっとしたかぶれなどにも使用されており、ドラッグストアなどで販売されている市販薬に含まれていることもあるため、知らないうちに使用していたという人も多いでしょう。

 

ステロイド以外の薬であっても副作用が気になるところですが、ニキビ治療におけるステロイドの副作用とはニキビの原因である菌が活性化し、結果的にニキビが悪化することなどが考えられます。

 

首ニキビの痒みを抑えるために使用された痒み薬にステロイドが含まれた場合、ステロイドの効果よりも副作用が強く出ると、炎症が悪化し、治療も長期化してしまいます。

 

ステロイドは用法を守ることにより、皮膚の病気を素早く治療することのできる有効な薬剤です。
ニキビ治療についてはステロイドが向いているニキビと向いていないニキビがあるため、どちらのタイプのニキビを発症しているのか見極めながら治療を行うと良いでしょう。

首ニキビ漢方薬の効能と副作用

首ニキビの漢方薬は、?首ニキビの原因がストレスなのでストレスを軽減する効果のある漢方薬や肌の炎症効果のある漢方薬、血流の改善効果のある漢方薬がより効果的です。

 

自分の体質にあった漢方薬を処方してもらう必要がありますが、
飲み始めは胃粘膜への刺激により反射性の副作用が現れるケースもあります。

 

当帰芍薬散の首ニキビへの効能と副作用

当帰芍薬散の効能と副作用とは、当帰と川きゅうの血流改善効果やホルモンバランスの調整などの効能があり、更年期障害や月経困難症など特に女性特有の疾患に有効ですが、胃の不快感や食欲不振、下痢、発疹などの副作用が現れる体質の方もいます。結果的に首ニキビ改善となります。

加味逍遥散の首ニキビへの効能と副作用

加味逍遥散の効能と副作用とは、不眠や不安等に有効な逍遥散に抗炎症作用のある牡丹皮と消炎解熱作用のある山梔子を加味した漢方薬であり、血流異常の改善や気逆の解消、ホルモンバランスの調整する効能があり、更年期障害や月経前緊張症、生理不順など女性特有の病態、首ニキビなどに有効です。又、胃部の不快感や食欲不振などの軽い副作用がほとんど無いのですが、稀に偽アルドステロン症や肝障害などの副作用が現れる体質の方もいます。

十味敗毒湯の首ニキビへの効能と副作用

十味敗毒湯の効能と副作用とは、荊芥や防風の効能により皮膚の発赤や痒み、腫れを発散し、桔梗の排膿作用によりニキビなどの皮膚の化膿症状の改善に有効とされ、副作用も胃の不快感や食欲不振、吐き気、下痢など軽微な症状がほとんどです。

桂枝茯苓丸の首ニキビへの効能と副作用

桂枝茯苓丸の効能と副作用とは、桃仁や牡丹皮の血流改善効果やホルモンバランスの調整する効能があり、ニキビやしもやけ、更年期障害に効果的です。副作用も胃部の不快感や食欲不振などの軽微な副作用がほとんどです。

荊芥連翹湯の首ニキビへの効能と副作用

荊芥連翹湯の効能と副作用とは、細菌の増殖抑制や熱や腫れを発散させる効能や余分な水分を体外に排出する効能があり、ニキビなど炎症を伴う皮膚症状、蓄膿症、慢性鼻炎、扁桃炎等に有効とされ、重篤な副作用はありませんが胸のむかつきや食欲不振などの軽微な副作用が現れる体質の方もいます。清

上防風湯の首ニキビへの効能と副作用

上防風湯の効能と副作用とは、黄連や黄ごんの抗炎症作用や桔梗の排膿補助作用によりニキビ等の顔の皮膚病や顔のほてりなど上半身の症状改善に特に効果的とされ、食欲不振や吐き気などの軽い副作用で重篤な副作用はほとんど無いとされています。

排膿散及湯の首ニキビへの効能と副作用

排膿散及湯の効能と副作用とは、芍薬や枳実によりニキビなどの皮膚の炎症や痛みを取り除く効能があり、重篤な副作用もほとんど無く飲みやすい漢方薬ですが、服用者の体質により胃部の不快感や食欲不振などの副作用が現れるケースもあります。

 

最後に、ヨクイニンも首ニキビ薬として有効な漢方薬です。
ヨクイニンの効果と副作用とは、水いぼ治療、アトピー症状改善などの効果があり、ごくわずか、発疹や胃の不快感などの副作用が見られます。

 

 

 

 

 

首ニキビの市販薬の効果と副作用

なかなか治らない首ニキビには、簡単に手に入る市販の首ニキビ薬も効果的です。

 

簡単ですが、効果と共に副作用もあるのでキチンと知っておきましょう!

 

リンデロンVG効果と副作用

リンデロンとは、強力な抗炎症作用を持った薬で、皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こしているニキビに対して効果があります。
ただ、強力な抗炎症作用があるため、健康な物質や細胞までも攻撃をしてしまい、大きな副作用を引き起こす可能性もあります。

副作用

主な副作用として、免疫力が低下、めまい、ニキビ、脱毛などがあり、体の至る所に悪影響が出ることがわかります。
そのため、リンデロンVGを使用する際には、少量から使い始め、1週間経ってもニキビに何の変化のなければ使用を止めて他の薬に切り替えた方がよいでしょう。

テラコートリル効果と副作用

テラコートリルは、炎症を抑えるヒドロコルチゾンと抗生物質が配合されている軟膏で、症状の悪化を抑え、炎症を治す働きがあります。
そのため、化膿した皮膚炎や湿疹に効果があります。
ただ、ステロイドが配合されているため、副作用もあります。

副作用

主な副作用として、皮膚の萎縮、乾燥、免疫力の低下、発疹、かぶれなどがあります。また、色素沈着をおこす可能性もあるので、長期の使用は止め、数日塗っても効果ながない場合には、使用を中止する必要があります。

クレアラシルの効果と副作用

クレアラシルは抗炎症成分や殺菌成分、皮脂抑制成分が配合されているため、赤ニキビや黄ニキビに効果的な薬です。

副作用

成分の一つであるイオウは、皮脂を抑える効果がある一方、肌が乾燥したり、アレルギーを引き起こる場合もあるので、使う前には、一度パッチテストをした方がよいでしょう。

オロナインの効果と副作用

オロナインは、殺菌効果に優れているクロルヘキシジングルコン酸塩が配合されているため、特に炎症した赤ニキビに効果的です。
ただ、炎症を起こしていない白ニキビにはあまり効果がなく、毛穴を塞いでしまい悪化させる可能性もあるため、使用には注意が必要です。

紫雲膏の効果と副作用

紫雲膏は、昔からやけどやあかぎれなどの皮膚症状に使われていた漢方薬で、抗炎症、抗菌作用ありニキビ も効果があります。
ただ、原料に豚脂を使用しているため、独特の臭いがあります。

首ニキビ薬の使用上の注意点〜効果を上げる方法

首ニキビ薬の使用上の注意点とは、これらの薬については、皮膚科の先生がその患者さんの皮膚の様子などや、ニキビの様子を見て、どれくらいの強さの殺菌能力のある薬を処方してくれるのか、を決めてくれるのですが、もし、首ニキビ薬の強さが最大であった場合には、誤って、誰か別の人がその首ニキビ薬を同じような症状があるから、と言った理由で使ってしまった場合、かなり腫れ上がってしまう、などのトラブルが起こる可能性が高いです。

 

そのため、使用上の注意点とは、このように処方された人だけが使えるように、しっかりと管理をしておくこと、また小さなお子さんがおられるお家では、誤ってお子さんが使ったり、飲み込んだりしないように注意が必要です。

 

このような首ニキビ薬の使用上の注意点と、効果を上げる方法についてですが、ニキビに効果があるものは、特にビタミンCであるとされています。

 

ビタミンCは、主にターンオーバーなどについても効果的であり、また、崩れたホルモンバランスなどを調整してくれるなどの効果があります。

 

そのため、効果を上げる方法とは、このようにビタミンCも、薬といっしょに使うことによって、より効果的にニキビを退治することが可能となってきます。

 

また、内側から綺麗になることで、首のやっかいなニキビもじょじょに消えていき、同時にホルモンバランスも調整が出来るため、とても効率が良い方法となっています。

 

ビタミンCについては、この他にも美肌効果などもあるため、女性にはとても魅力的なビタミンとなっています。

 

更新履歴